仙元山~“チーム3人”再始動とチビツーの成長を祈って~

3月末で療育園を卒業したチビツー。4月からは特別支援学校(旧養護学校)へ進学することになりました。新たな環境での新たな生活の中で、少しずつ彼自身のペースで成長していってほしい。親としての願いです。

昨年末以降は再発令された緊急事態宣言も重なり、またもや大きなブランクとなってしまいましたが、新たな生活の幕開けとともに、我々“チーム3人”も新たなスタートを切ることにしました。

向かうは葉山(神奈川県葉山町)にある仙元山。大人の足なら10分もあれば登れてしまう超低山ですが、それでもチビツーにとってはかなりのチャレンジ。果たしてどんな冒険になるのでしょうか。昨年末の大丸山以来のプチ登山です。

大丸山~チビツーの登山再始動!再開はやっぱりこのお山から~

2020.11.14

 

仙元山

基本情報

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm f/1.4L II USM f/8 1/200sec ISO-125 35mm

仙元山は神奈川県葉山町にある山(118m)です。三浦アルプスの西端に位置しており、山頂からは相模湾や江の島越しに箱根や丹沢の山々を見渡すことができます。遠望が効くときは富士山も見えます。

 

 

バリアフリー情報

自然の中のハイキングコースです。残念ながらバリアフリーは期待できません!

山頂には公衆トイレもありますが、特に女性の場合は利用するのに勇気が必要かもしれません・・・。念のために携帯トイレなどを持参することをオススメします。

 

お出かけ難易度

難易度:★★★★☆(4)

本格的な登山ほどではありませんが、自然の中のハイキングコースを歩くという負荷のかかる行為です。予測が難しい自閉症の子にとっては色々なリスクが伴うので最悪、抱っこやおんぶをして引き返すことも覚悟しなければなりませんが、達成感は非常に大きいものになると思います。

 

長柄のコインパーキングからスタート

仙元山近辺には公共の駐車場というものがありません。事前予約のパーキングを除くと、近場にはコインパーキングも2~3ヶ所程度しかなく収容台数も少なめです。何度かこの近辺には来ていますが、その中でも最もアクセスに優れていたのは「三井のリパーク葉山長柄」でした。運よく2台ほど駐車スペースが空いていました。今日はここからのスタートです。

Canon EOS 5D Mark IV + f/7.1 1/320sec ISO-160 35mm

■三井のリパーク葉山長柄
普通車7台収容可能
08:00-20:00 90分/300円
20:00-08:00 90分/300円
最大料金900円
詳細はコチラ

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/5 1/2000sec ISO-500 42mm

全開は車の中でパッキング(荷物準備)や着替えを行うことにしていたのですが、思ったより時間がかかってしまいチビツーの機嫌を損ねてしまったので、今回はしっかりと事前準備を行って臨みました。その甲斐もあったのか、出だしは上々です。

交通量のかなり多い道路沿いを歩いていくことになります。縁石のある歩道ですが、小さいお子さんと歩くときには十分注意してください。今回はチビワンに車道側を歩いてもらいました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1600sec ISO-2000 45mm

路肩の植物に目をやりながらもテクテクと。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/6.3 1/1250sec ISO-1000 24mm

ここが仙元山への近道への目印となる階段です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1250sec ISO-640 24mm

急ではありますが、階段ならチビツーでも大丈夫。救急車の音に兄弟そろって振り返る(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/400sec ISO-500 50mm

chibi-1
よし、この調子なら大丈夫だね!
papa
そ、そうだね!(まだ最初の階段だけだし、内心ドッキドキ)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/400sec ISO-1000 32mm

階段と言ってもせいぜい40段程度(笑)。この階段を抜けると、いよいよ登山道らしい道に突入です。

 

 

チビツー初の急勾配と制御不能な衝動

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/200sec ISO-800 24mm

登山道に入りました。チビワンもちゃんとチビツーを意識して振り返ってくれます。

土の匂い、木の匂い、私にとっては心地の良いものですが、雰囲気がガラリと変わった景色にチビツーは何を思ったでしょうか。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/200sec ISO-2500 70mm

はいはーい、ちゃんとパパも後ろから着いてきてますよー

初めての場所というのは、知的障害の有無にかかわらず自閉症の子にとっては少なからず負担がかかるものです。療育園から支援校&放課後デイ施設へと変わり、普段の生活でも大きな変化がありました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/200sec ISO-1600 35mm

この表情はまだまだ余裕かな?

それでも、最近のチビツーはその環境への順応がとても早くなったように思います。療育園通い始めたばかりの頃を思うとその差は一目瞭然。チビツーにはチビツーなりの成長は、仮に遅くともしっかりあるのです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/200sec ISO-1250 59mm

今度はチビツーが切り込み隊長を務めてくれました。

勇ましい姿ではあるのですが、この辺りから少し様子が変わってきました。頑張って歩いてくれて入るのですが、慣れない登山道ですし何よりそこそこの勾配があるため、息も上がってきます。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/200sec ISO-1000 24mm

よいしょ!

少々不機嫌な声を出したりするのですが、一向に歩く速度を落としません。まるで何かに取り憑かれたかのような、頭では休みたいと思っているのに体が衝動的に動いてしまうような感じでした。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/200sec ISO-1250 35mm

大きな切り株。少し興味を持って止まってくれれば休憩にもなったんですけどね・・・。

実は以前にもこんなことがありました。自宅にて就寝前に、よく家の中の特定のコースを徘徊するのですが、本来であれば寝る時間。寝ようと促しても一向に徘徊を止める様子がありません。しかし眠いので機嫌はどんどん悪くなるのですがそれでも徘徊するのを止めない。体に対しての頭での制御が効かない状態、そのことを思い出したのでした。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/200sec ISO-125 70mm

なので、私の手によって強制的に休憩。チビツーはかなり抵抗しましたが、そのうち落ち着いてきて息を整えることもできました。

体力もついて来たし、負荷に対して立ち向かう姿勢も出てきた。けどその制御ができないこともあるチビツー。言語によるコミュニケーションができないということも考えるとかなりストレスになることだと思います。いずれにせよ、今後も要注意ですね。

 

 

最後のひと一登りから、山頂へ

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/200sec ISO-160 24mm

さて、登山道は葉山教会からのルートとも合流し、視界も少しずつ広がり気持ちの良い青空が占める割合も増えてきました。もうルートの半分以上は歩きましたね。あともうひと踏ん張りです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/2000sec ISO-400 70mm

からだ全体を使って登ってるかのよう。がんばれ!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/7.1 1/1250sec ISO-500 24mm

もうゴールとなる山頂の柵の一部が見えてるんですよね。言葉をもって「あればゴールだよ」が伝えられないということは、チビツーにとってはいつ終わるのかもわからない坂道でしかありません。伝えられないというのは、本当に辛いことですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/1250sec ISO-250 24mm

西側に目を向けると壮大な相模湾が見えてきましたが、今のチビツーにわき見する余裕はなく・・・。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/7.1 1/1250sec ISO-640 24mm

しかし、いよいよチビツーでもゴールとわかる視界になってしました。あと少し!

 

 

山頂でまったりタイム

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1250sec ISO-1600 24mm

がんばりました!

仙元山の標高は118m。海抜ほぼ0メートルの地点からのスタートなので、標高差100m越えはチビツーにとって初めての快挙。本当によくがんばりました。ちょっと放心状態の表情?(笑)

とにかくまずは休ませ、ご褒美のおやつ(グラノーラ)を。その間に私はランチの準備です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/800sec ISO-400 24mm

素晴らしい眺め!チビワンはすでにマターリモード。チビツーにとって「疲れも吹き飛ぶ」景色となったでしょうか?

山頂には3セット分の木の机と椅子がありますが、子供には少々サイズが大きすぎます。また人気のお山なので混雑すると思いレジャーシートとミニテーブルを持ってきましたが、正解でしたね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1000sec ISO-160 24mm

いつもの見慣れたシートとミニテーブルで、チビツーにもようやく落ち着きと笑顔が戻ってきたようです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1000sec ISO-160 47mm

チビワンは調理係。本日のランチを一任。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1000sec ISO-320 42mm

麺類は一人で食べるのはまだまだ困難ですが、スープは大好き♪

「汗をかいた後の山頂カップラーメンの味」チビツーにもわかったかな?

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/640sec ISO-160 24mm

山頂から望む相模湾。春霞でボヤけてしまってはいますが、それでも十分な眺望。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/640sec ISO-160 70mm

ズームで江の島。実はよく見ると左端に富士山も見えているのです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF35mm f/1.4L II USM f/8 1/200sec ISO-125 35mm

こちらは去年の6月、早朝に撮影した写真です。富士山はこの位置です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF17-40mm f/4L USM f/16 1/60sec ISO-200 17mm

こちらもまた別の日の夕方に撮影したものですが、色んな雰囲気を超お手軽に楽しめるのが仙元山の素晴らしいところですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/640sec ISO-500 70mm

そんな仙元山の良さがわかるのかな?チビツーはしばらく景色を見つめていました。

そしてすっかりご機嫌になったところで、この後は山頂を色々探検して楽しむことにします。

 

 

チビツーは駆け回り、チビワンはハイジブランコ

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-250 53mm

ちょっと興奮気味に探検開始(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-100 27mm

山頂はチビツーが走り回るのにちょうどよい広さです。

ケタケタ笑いながら縦横無尽に。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/5.6 1/500sec ISO-100 24mm

他のハイカーさんの視界を遮りながら(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-100 70mm

知的障害ゆえにクリエイティブな遊びはできませんが、山頂でできることは限られているので、駆け回って楽しんでくれるならそれに越したことはありません。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/8 1/640sec ISO-320 67mm

楽しいね!^^

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-100 24mm

一方のチビワンは、山頂から一段降りた踊り場のような場所で、何やら楽しそうなものを発見したようです。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/6.3 1/640sec ISO-160 24mm

気に結ばれたロープで作られたブランコ。これは楽しそう!なによりロケーション&景色が素晴らしい。まさにハイジブランコ。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/640sec ISO-200 24mm

チビワンもいい笑顔!^^

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1000sec ISO-400 24mm

山頂には大きな石碑がります。実は以前はこの隣の大きな木にブランコが吊るされていたのですが、最近になって移動したようですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + EF24-70mm f/4L IS USM f/4 1/1000sec ISO-400 24mm

ちょっとバチ当たりな気もしますが・・・笑顔に免じて許してもらいましょうか。。。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/500sec ISO-250 24mm

にぃにを追ってチビツーもやって来ました。チビワンの気配を感じてはいたようですが、見当たらない・・・。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/500sec ISO-100 38mm

つかまえた!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1250sec ISO-1000 55mm

チビツーは両手で顔を触られるのが大好き。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1250sec ISO-250 70mm

ケタケタ声を出して喜んでます(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1250sec ISO-400 44mm

一旦離れても・・・

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1250sec ISO-800 61mm

また!(笑)

楽しいね^^

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1250sec ISO-800 61mm

その笑顔が見れてよかったよ。大満足。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1250sec ISO-400 24mm

十分に山頂を満喫したチビたち。そろそろ下山しましょうかね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/400sec ISO-125 70mm

最後にしっかりと山頂からの景色を焼き付けて・・・

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/8 1/500sec ISO-320 45mm

それでは、下山しましょう!

 

 

下山は慎重に、でも、元気よく!

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1000sec ISO-250 44mm

山頂直下はすべりやすいというわけでもないのですが、土の下り坂ということでチビツーも初めは少々慎重になっていました。まぁ、これくらいの恐怖はよい緊張感になっているのかもしれません。

ちなみにこの仙元山は普通の運動靴でも何ら問題なく歩けますが、ちびっ子兄弟はCarabanの登山靴を履いています。もうそろそろ半年になりますが、私の中ではなかなかに高評価です。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1000sec ISO-160 24mm

慣れてきたのか、早速小走りに。。。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1000sec ISO-125 50mm

けどちょっと不安と言えば不安だったので、後半はチビワンに手を繋いでもらいました。ナイスフォロー!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/320sec ISO-800 29mm

「子連れ登山あるある」ですが、チビツーも例外ではなく下山はご機嫌♪

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/320sec ISO-3200 70mm

シダ系の植物が気になったようで、見かけると触ってその感触を確かめているようでした。周囲に目を向ける余裕も出てきたようですね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/200sec ISO-1250 70mm

とても勇ましく歩いてくれました。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/500sec ISO-320 24mm

最後の階段まではあっという間でしたね。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/500sec ISO-125 24mm

ゲザーン!・・・と思いきや、チビツー仏頂面(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/500sec ISO-160 47mm

やっぱりコレがいいんだね!

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1000sec ISO-320 70mm

これ、チビワンが離さないんじゃなくて、チビツーが離さないんです(笑)

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1000sec ISO-125 70mm

歩道も仲良く💛

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1600sec ISO-200 70mm

やっぱりチビワンいてこそ、お出掛けが成り立ってるんだなぁと改めて思います。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1600sec ISO-160 59mm

この二人の後ろ姿がとても愛おしく感じた瞬間でした。

 

 

Canon EOS 5D Mark IV + f/4 1/1600sec ISO-200 55mm

無事とうちゃーーーく!

って、チビツーポケットに手を突っ込んだままだよ(笑)

何はともあれ、お疲れさまでした!

 

 

振り返って

少しは体力は付いているだろうとは思っていましたが、やはり心配ではありました。今回は体力的な面よりも、メンタル面、特に自閉症ならではの制御しがたい行動が見られ、今までとはまた別の懸念材料が出てきたとも言えなくもないので、今後は改めて対策をしていかなければとは思ったものの、それでも及第点に値する頑張りを見せてくれたなぁと思いました。

暖かくなってきたので、また色々なお山へハイキングに行きたいですね。

新生活がスタートしたチビツーの成長を切に願うばかりです。

山行データ
  • 出発時刻 / 高度: 11:48 / 11m
  • 到着時刻 / 高度: 13:41 / 11m
  • 合計時間: 1時間53分
  • 合計距離: 1.83km
  • 最高点の標高: 118m
  • 最低点の標高: 9m
  • 累積標高(上り): 83m
  • 累積標高(下り): 75m

Reliveで山行振り返り(過去最短距離のRelive!?)

0